【重要】2021年度年会費の口座振替日は4月30日です

 

1.口座振替依頼書を返送された会員

 1)皆様の会費振替用口座をご確認下さい。

 2)預金通帳への印字は「DF.カナガワSTカイ」です。

 3)2020年度までの年会費に未納がある場合は未納分も含めた金額、未納がない場合は2021年度年会費として口座振替を致します。

 

2-1.上記内容で口座振替が確認できた

 1)2021年度年会費の納入が完了しました。

2-2.口座振替が確認できなかった

 1)書類不備のため、口座振替の手続きができなかった可能性があります。

 2)不備があった書類を各会員へ返送する作業を順次行なっています。

 3)不備の内容をご確認の上、再度事務局まで返送してください。

 4)なお、2021年度年会費の口座振替には間に合いません。2022年度年会費以降の口座振替となります。

   また、2021年度年会費は県士会口座へ振込みをお願い致します。

 

3.口座振替依頼書を返送されなかった会員

 1)県士会口座への振込み、もしくは研修会等での直接支払いをお願い致します。

 

  年会費 正会員:3000円  準会員:2000円  賛助会員:5000円/1口

 

 【ゆうちょ銀行の口座をお持ちの場合のお振込】

 記号:10210 番号:69433401 口座名義:神奈川県言語聴覚士会

 

 【ゆうちょ銀行以外からのお振込】※手数料がかかりますので、予めご了承ください

 ゆうちょ銀行 支店名:〇二八(ゼロニハチ) 店番:028

 預金通帳:普通預金  口座番号:6943340 口座名義:神奈川県言語聴覚士会

 

※年会費納入方法は、口座振替に順次移行していきます。お手続きがお済みでない会員は、お早めに口座振替依頼書を提出していただくようお願い致します。

 

【問い合わせ先】

神奈川県言語聴覚士会事務局

E-Mail: info@kanagawa-slht.org

ダウンロード
【重要】4月30日口座振替.pdf
PDFファイル 104.4 KB

第18回 日本訪問リハビリテーション協会学術大会 in 高知 2021 開催のご案内

 

訪問リハビリテーションの温故知新

~訪問リハの未来を創造する~

 

会 期 2021年5月22日(土)・23日(日)

    WEB開催期間 2021年6月1日(火)~6月30日(水)

 

会 場 高知市文化プラザかるぽーと・高知市立中央公民館

    高知県高知市九反田2番1号

 

主 催 日本訪問リハビリテーション協会

 

事前参加登録

 2020年12月14日(月)~2021年4月9日(金)

WEB事前参加登録

 2020年12月14日(月)~2021年6月24日(木)

 

大会ホームページは こちら

ダウンロード
2021高知大会チラシ表面.pdf
PDFファイル 2.7 MB
ダウンロード
2021高知大会チラシ裏面.pdf
PDFファイル 487.0 KB


第22回 日本言語聴覚学会 in愛知

 

演題募集期間が2月9日(火)まで延長しております。

詳細は、下記ホームページをご確認ください。

 

第22回日本言語聴覚学会 HP


神奈川県言語聴覚士会会員のためのオンライン研修

 

プレイバック! 新人研修会

 

毎年実施しています『学会発表プレイバック報告会・新人研修会・ST交流会』で大変好評でリクエストの多かった新人研修会の講義を、神奈川県言語聴覚士会会員限定で無料配信いたします。ぜひご覧ください。

 

会員専用ページで視聴

 

※パスワードが必要となります。わからない方は、 こちら (事務局)までお問い合わせ下さい


神奈川県言語聴覚士会ニュース第17号がお手元に届いていない会員の方へ

 

10月22日発行しました神奈川県言語聴覚士会ニュースがお手元に届いていない会員の方は大変お手数ですが、事務局までご一報をお願いいたします。また、送り先や所属先など変更がありましたら、会員登録フォームより手続きを行っていただきますよう合わせてよろしくお願いいたします。

メール:info@kanagawa-slht.org


訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する緊急署名活動について

※詳細につきましては、「お知らせ」のページをご覧ください

 

令和3年度介護報酬改定に向けた介護給付費分科会での議論において訪問看護ステーションの人員配置を看護職6割に対し、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を4割とする意見が出され、議論が進んでおります。

この制度改定により、約8万人(リハビリテーション専門職団体協議会の調査)の利用者が訪問看護からの言語聴覚士等のサービスを受けられない事態となり、地域における言語聴覚士の訪問サービスの提供の継続が難しい状況に置かれています。

加えて、言語聴覚士を含めた訪問看護ステーションに勤務するリハビリテーション専門職の約5千人の雇用が失われることが危惧されています。

このような状況を鑑み、このたび日本言語聴覚士協会は、日本理学療法士協会、日本作業療法士協会とともに、訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する声明文を発出することといたしました。

つきましては、広く会員の方々にご周知いただきたく、お願い申し上げます。

 

一般社団法人日本言語聴覚士協会

会長 深浦順一

ダウンロード
訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する声明文.pdf
PDFファイル 436.6 KB

新型コロナウイルス感染拡大に伴う協会からの重要なお知らせ(2020.4.14更新)

 

<日本言語聴覚士協会より>

 

新型コロナウィルス感染拡大により、医療機関における院内感染も散見される状況となっております。
会員の一人一人に、より一層の注意を払って臨床業務に臨んでいただくよう、協会HPに、新型コロナウィルス感染症にかかる臨床業務における基本的対応事項を掲載いたしました。

 

内容はこちら


当県士会について


 本会は、神奈川県における言語聴覚士の知識・技術の研鑚、資質の向上、および相互連携を図り、もって県民の保健・医療・介護・福祉・教育の充実に寄与することを目的としています。

2012年4月22日に、神奈川県言語聴覚士会が発足致しました。

本会は、神奈川県在勤、在住の言語聴覚士が職場、地域、領域の壁を越えて集う職能団体です。会員相互に刺激し合い視野を広げながら、専門的な知識・技術を磨き、より質の高い臨床で県民の期待に応えていきたいと思います。講習会の企画や勉強会・就職等の情報提供も行います。

多くの方の入会をお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴