お知らせ

会員各位

 

<日本言語聴覚士協会より>

がんの緩和ケアに関わるリハビリテーション専門職研修会 開催のご案内

 

日本言語聴覚士協会、日本理学療法士協会、日本作業療法士協会の3協会で組織するリハビリテーション専門職団体協議会では、今年度も「がんの緩和ケアに関わるリハビリテーション専門職研修会」を下記の日程で開催いたします。

本研修会は、緩和ケアの基礎の理解、症状に応じた実践、退院支援、在宅での実践で構成し、がん医療に関わる療法士の臨床実践力の底上げを図る目的で開催されます。

 

研修会名:がんの緩和ケアに関わるリハビリテーション専門職研修会

主  催:リハビリテーション専門職団体協議会

開  催  日:2020年2月8日(土)~9日(日)

     (8日 9:50~17:30 9日 9:00~15:40)

参  加  費:10000円(事前振込)

申込締切:定員150名(先着順で定員になり次第)

会  場:TKP心斎橋駅前カンファレンスセンター ホール11A

     ・大阪メトロ御堂筋線、心斎橋駅 1番出口 徒歩1分

     ・大阪メトロ長堀鶴見緑地線 心斎橋駅 1番出口 徒歩1分

申込方法:2019年11月13日(水)12:00より受付開始

●日本言語聴覚士協会:生涯学習プログラムポイント取得対象

 

★研修会の内容に関する問合せ先

リハビリテーション専門職団体協議会 事務局

日本言語聴覚士協会事務所内 E-Mail:reha-pos@japanslht.or.jp


会員各位

 

<日本言語聴覚士協会より>

 

10月12日未明からの台風19号の通過に伴う被害を受けられた皆様、関係者の皆様に心からお見舞い申し上げます。
日ごとに明らかとなる被害の大きさに加え、立て続けの降雨により、先の見通しがつかない状況の中で、精神的、肉体的疲弊に苦慮する会員の方もおられるのではないかと存じます。

 

皆様のご無事をお祈りするばかりですが、もし被害にあわれた会員がいらっしゃる場合、協会で行っている対応は以下の通りです。
「定款」第8条第2項および「会員及び会費に関する規程」第3条第5項により、被災した会員に対する会費延納・減額・免除という措置が可能です。
この件も事態が落ち着いてからで結構ですので、対象者がいらっしゃいましたら、添付の書類を用いて申請されるよう、お願い申し上げます。

ダウンロード
<個人>会費延納・減額免除申出書(R01~).pdf
PDFファイル 54.5 KB

会員各位

 

令和元年度 代議員選挙

 

平成29年度の選挙で選出された代議員の任期は2年であるため(定款第6条第6項)、代議員選挙を実施いたします。
代議員定数は63名です(定款第6条第2項)。
選挙日程は代議員選挙規程第6条の定めるところにより以下のように決定しましたので、立候補をされる方は、下記より届出を行ってください。
なお、同規程第5条の定めるところにより、選挙権及び被選挙権は、本年9月1日までに入会した正会員が有します。

1.選挙日程
立候補受付期間:令和元年10月24日(木)00:00~11月 6日(水)24:00
   選挙公示:令和元年11月13日(水)
 投票受付期間:令和元年12月 4日(水)00:00 ~12月10日(火)24:00
    開票日:令和元年12月16日(月)
※立候補および投票受付はweb上(マイページログイン画面から)にて実施します。

2.立候補および推薦にあたっての注意
1)代議員選挙は代議員選挙規程に基づき実施されます。立候補にあたっては、本規程を熟読してください。これに違反した立候補については無効とします。
2)代議員の立候補にあたっては、推薦人5人が必要です。推薦人は選挙人名簿記載者に限ります。
    立候補者およびその立候補者の推薦人は他の立候補者の推薦人になることはできません。

≪立候補の手続き≫
立候補受付期間: 令和元年10月24日(木)00:00 ~11月6日(水)24:00


会員各位

 

「2019年度 第2回実務者講習会」のお知らせ

 

毎年、参加者から好評をいただいている実務者講習会のお知らせです。

臨床現場に出て他職種と協働する中で、養成校で学んだ基礎知識に加えて様々な知識が求められます。

その中で、疾病とリスク、コミュニケーション、食事、運動、ADLに絞り、それらの情報を統合してアセスメントを組み立てるスキルを学ぶとともに、生活期のリハビリテーションについても考えていきます。

なお、運動は理学療法士、ADLは作業療法士の方を講師に迎え、臨床現場で実用的なポイントを講義していただきます。

後輩指導に悩んでいる方にとっては、指導する上でのポイントをつかめるという感想をいただいている内容となっています。

 

 

開催日時:2019年11月16日(土)13:00~18:00(受付開始 12:30)

             17日(日)9:30~16:00

 

開催会場:日本福祉教育専門学校 高田校舎(〒171-0033 東京都豊島区高田3-6-15)

     最寄駅:JR山手線、西武新宿線、東京メトロ東西線 「高田馬場」駅

 

内  容:○疾病・リスク・病歴の理解

     ○コミュニケーションの理解

     ○食事の理解

     ○運動に理解

     ○ADLの理解

     ○生活期リハビリテーションの理解

 

会  費:会員15000円/非会員25000円

 

申込方法:こちら (日本言語聴覚士協会HP)

 

定  員:50名


会員各位

 

非日本語話者に対応できる言語聴覚士の名簿作成についてのご協力依頼

 

日本言語聴覚士協会国際部では、国内の日本語を母国語としない患者・対象者への対応・援助を行うための活動もしています。

 

  日本に住む日本語を母国語としない方々の増加に伴い、非日本語話者で言語聴覚障害のある方が増えることが予想されます。国際部では、非日本語話者へ対応できる会員についての情報を把握したいと考えております。

 

 

非日本語話者に対応できる言語聴覚士の方、以下のことについての情報をご連絡ください。

 

1.   名前、所属、連絡先・メールアドレス

 

2.   対応可能な領域や言語

 

 

 

 ご協力をいただける方がいらっしゃいましたら、上記2点の情報を、下記連絡先にお送りください。情報集約の後、地区担当の部員から別途連絡があり、詳細を確認いたします。なお、作成させていただいた名簿につきましては、協会内で厳重に管理し、非日本語話者の方への対応について協会に要請があった際に、協力をお願いする目的でのみ使用させていただきます。

 

 世の中の流れに対応できるよう、日本言語聴覚士協会も準備を進めています。ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

ダウンロード
非日本語話者に対応できる言語聴覚士の名簿作成についてのご協力依頼.docx
Microsoft Word 47.2 KB

認知リハあらたLite無料配布について

この度「認知リハビリテーションアプリ開発チーム(川崎医療福祉大学:研究代表者 種村純)は,高次脳機能障害者の在宅リハビリテーション向けアプリを開発し,実証実験を重ねて参りました.
既に,実証実験結果は,高次脳機能障害学会,日本言語聴覚学会等で報告させて頂き,一人でも多くの方にご利用頂くため,試験的に無料版「認知リハあらたLite」を配布することとなりました.
この機会に是非,一人でも多くの方の社会復帰,在宅リハビリテーションの充実に向け,ダウンロードの上,入院患者様,施設ご利用者様でご利用頂けますと幸いでございます.

検索方法
インターネット検索で「インサイト 認知リハ ダウンロード」とご入力下さい.


厚生労働省からのお知らせ

 

第46回理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設教員等講習会の開催について

 

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設の教員等の養成確保を図るため、標記講習会を開催する事となりました。

 

1.目的

 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設の教員ならびに臨床実習施設における指導者の養成・確保を図るため、現在養成施設の教員等として勤務している者及び今後養成施設の教員等になることを希望する者に対し、より高度な知識及び技能を習得させ、併せて、リハビリテーションの質の向上に資することを目的とする。

 

2.講習会の実施

 講習会は厚生労働省及び(公財)医療研修推進財団の共催で(公社)日本リハビリテーション医学会、(公社)日本理学療法士協会、(一社)日本作業療法士協会、(一社)日本言語聴覚士協会、全国リハビリテーション学校協会の協力を得て開催する。

 

3.開催地(会場)及び開催期間

 講習会の開催地は東京及び大阪とし、開催期間・会場は次のとおりとする。(講習日は日曜日、祝日を除く、月曜日から土曜日に開催する)

 (1)東京地区

   開催期間 自 2019年8月14日(水)

        至 2019年9月 4日(水)

   会  場 国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス(東京都港区赤坂4-1-26)

 

 (2)大阪地区

   開催期間 自 2019年8月19日(月)

        至 2019年9月 7日(土)

   会  場 大坂行岡医療大学(大阪府茨木市総持寺1-1-41)

 

4.受講対象者

 次のいずれかにも該当する者とする。

(1)理学療法士・作業療法士又は言語聴覚士の免許を有する者

(2)免許取得後、原則として教員は5年以上、臨床実習指導者は3年以上(言語聴覚士は5年以上)に実務経験を有する者

(3)本講習会修了後において理学療法士・作業療法士又は言語聴覚士の養成施設の教員等に従事する者及び将来従事しようとする者

 

5.受講定員

 東京地区  理学療法士  30名

       作業療法士  30名

       言語聴覚士  10名

 

 大阪地区  理学療法士  30名

       作業療法士  30名

       言語聴覚士  10名

 

6.受講申込

 受講申込身を行う施設は、申込期限までに必要書類を用意の上、下記URLより申込むこと。

http://www.pmet.or.jp/の「講習会情報」メニューより

 

  必要書類 : 施設長の推薦書(任意書式)・・・・1部

         受講者履歴書(写真不要)・・・・・1部

 

  問合せ先 : (公財)医療研修推進財団PT・OT・ST事務局

         〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-11 西新橋光和ビル7階 TEL:03-3501-6592

 

 申込期限  2019年5月30日(木)

 

7.厚生労働省及び(公財)医療研修推進財団の共催で(公社)日本リハビリテーション医学会、(公社)日本理学療法士協会、(一社)日本作業療法士協会、(一社)日本言語聴覚士協会、全国リハビリテーション学校協会の協力を得て選考し、決定する。

 

8.講習会修了の認定

 厚生労働省は、(公財)医療研修推進財団と連名で講習会修了者に対して修了証明書を交付する。

 

9.受講料

 講習会受講料は、50000円とする(宿泊費、食費、交通費等は含まれない)。

ダウンロード
養成施設教員等講習会実施要綱.pdf
PDFファイル 2.5 MB

きつおん折り本ダウンロードについて

 

下記より、きつおん折り本をダウンロードすることができます。

ご興味のある方は下記をクリックしていただき、ダウンロードしてください。

 

こちら


言語聴覚の日 各地方組織の取り組み

各県士会の「言語聴覚の日」の取り組みが紹介されています。

こちらをクリック(別ウィンドウが開きます)